セルフラブセッションとは

 

このサイトは、

子育て中のママ、

全ての女性が

マイナスの思考の癖から脱出して

「ありのままの自分を

大事にしてあげること」を

目指しています。

 

「セルフラブ」とは

「自分が自分自身の一番の

味方と思うことができ、

自分を愛してあげられる」

ということ。

 

たとえあなたの

育てられた環境がひどくても、

たとえ親に愛して

もらえなかったと思っても

 

「自分は一人じゃない。

自分という最大の味方がいる。」

自分という味方をつける。

 

愛の飢餓状態は

自分で埋めてあげられるんです。

 

理想の自分になれると

そして愛を他の人にも

分けてあげられるようになります。

 

すると、

「愛の相乗効果」で

いいことばかりおこります。

これが

俗にいう「引き寄せの法則」

の真実だと私は思います。

 

まず「自分が心から自分を

大事にしてあげること。」

 

これが幸せになる

全ての土台だと私は思います。

 

人を愛するには

まず自分を大切にできること。

 

これ↓は全て私の

体験してきたこと。

私は一度も

「認めてもらえた」と思ったことがない。

 

それでも自分を大切にできる。

もがき苦しんだ

長いトンネルから抜けてきました。

 

その私だけしかできない

オリジナルのノウハウで

お手伝いをさせてください。

 

私のプロフィール → コチラ

 

今の思考、考え方はいつできたのでしょうか?

 

それは「子供の頃」

生まれてから少なくとも十何年間は

親から「〇〇するのよ」「〇〇はダメよ」

と言葉のシャワーを浴びてきました。

 

子供にとって養育者は全能の存在。

その全能者が言った言葉はどんな言葉でも

子供なら素直に受け入れてしまう。

 

それが今も潜在意識に入っている。

「どうせ私なんて」と思う人は

子供の頃から

「あなたはどうせできない」と言われ続けたり

「子供の時チャンレンジを

させてもらえなったことが」と

が多いかもしれません。

(大きなチャレンジじゃなくて、日常の小さな希望)

 

「人目がきになる」人は

「そんなことをしたら

〇〇さんに怒られるよ」と

 

自分がどうしたいかより、

人目を気にするよう

に言われてきた人。

 

自分を取り戻し

自己肯定感を上げるには

そんな時代を見つめなおし、

本当の自分を感じること。

 

「自分は自分でいいんだな。

何を言ってもしても、大丈夫。

自分には最大の味方

「自分」がいる」と思える気持ち。

(何をしてもいいとは、
人に迷惑をかけていい、とは違います。)

 

一人ではできない!?
セルフラブ思考? → コチラ

 

セフルラブセッションに向いている人

 

1、自己肯定感が低い

2、「したいからする」ではなくて
「世間体にした方が
いいからする」といつも思ってしまう

3、アダルトチルドレン

4、両親は毒親と思っている

5、両親の仲が悪い

6、両親のお互いの悪口を聞かされる

7、実家に帰ると思うと気が重い

8、過去の辛い気持ちが蘇る

9、何か悪いことがあると、
あの時のせいだと過去を考える

 

10、子供が泣いたり怒ったり
すると、つい、イライラして怒ってしまう

11、子供が当たり前の事をしないと腹が立つ

12、子供にはいいところがない

13、子供が可愛いと思えない

14、子供を叩きたくないのに叩いてしまう

15、子供に暴言をいい、
夜には後悔するのに次の日また言ってしまう

16、他の子が褒められていると、
自分の子はできないとつい比べてしまう。

 

17、ライングループが苦手
(返事をするのに考え混んでしまう)

18、上司には気持ちが言えない

19、何をしても自信が出ない

20、「本当にこれでいいのか」いつも考える

21、友達とは心から打ち解けあえない

22、友達が〇〇しようというと本当はしたくないのに断れない

23、疲れていても人に合わせてしまう

24、陰口を言われているのではないか気になる

25、心から楽しめることができない

26、やりたいことがあるのに一歩が出ない

27、「ああすればよかった」と過去のことを後悔している

 

=判定=

0〜1 あなたは「セルフラブ」ができています!

2〜7 日常を振り返ると「セルフラブ」が自分でできます

8〜15「ありのままの自分」を認めらていない!?生活でモヤモヤしてませんか?

16〜23 今生きづらさを感じていませんか?

24以上「ありのままの自分がわからない」いつもイライラ。不安。

↑私は24以上でしたよ(汗)

それが今では↓♪

 

セルフラブセッションを受けると あなたはこうなる

 

1、親の問題と自分の問題を分けて考えることができる

2、親に話をした時、不快な返事(攻撃)

「あなたは分かってくれると思ったのに」「恩知らず」など言われても

親の心が不安定なだけで、自分の責任ではないと思える

3、親のことを常に考えず、今の自分を楽しめる

4、兄弟の問題も自分と分けて考えられる

5、離婚をかんがえている場合は、自分はどうしたいのか分かり、

ベストな決断ができる

 

6、子供の失敗に対し腹がたつどころか、チャレンジできたことに喜べる

7、子供を叩くことがなくなる

8、子供に暴言を言わなくなる

9、今のままの子供で将来は明るく、
自分でやりたいことを見つけらると丸ごと信じることができる

10、子供の小さな頑張り、家族への貢献が認められる

 

11、人に嫌われてもいいや。
だってみんなに好かれるなんて無理だし。と自分を出せる。

12、周りにいい友達ばかり

13、自分が疲れているときは誘いも
断ることができて、相手にも迷惑をかけてないと思える

14、ラインも楽しくできる

15、ママ友の付き合いも楽しくできる

16、上司にも意見を言うことができる

17、理想ばかりで終わらないで、
自分がやりたいことに1歩進める

18、自分が大事だと思える

19、自分が素敵だと思える

20、ありのままの自分は尊くて
生きているだけで価値があると思える

21、本当にやりたいことが見つかる

 

Emoto Saori オリジナル セルフラブセッションとは

 

1、あなたの今の不快な気分や怒り癖、

落ち込み癖はどこからきているのかセッションを通して解明する。

ここで現状と理想を明確にします。目標がある方がいいです。

 

2、潜在意識からあなたに合わせた思考の書き換えをする。

(もちろん、癖を直そうと思うあなたの努力と柔軟な心が必要です。

心に寄り添ってサポートしていきます)

 

3、自分が本当にしたかった事ができる。

理想の自分になる。

子供や夫のいいところが自然と多く目について褒める言葉が多く出る。

自分が好きと思える。

いろんなことにチャレンジして、成果を感じることができる

自分のためにお金を使い、お金を循環させ増やせる

綺麗になったと自分でも思うし、人からも綺麗になったと言われる

 

セッションはどんなふうに進むの?

 

セッションの基本としていることが「ビフレンディング」です。

ビフレンディングの発症はイギリスのチャド・ヴァラー氏。

ロンドンで世界最初の電話による悩み相談を受ける団体、

『サマリタンズ』を設立した人物です。

 

「ビフレンディング」とは

「友人のように助けたり世話をする」という意味です。

 

私はアダルトチルドレンと自覚していますが、

子供の頃から

「一度も自分を心から

認めてもらった感覚がない」のです。

 

大人になり、

子育てを通して近所の方に

「大変よね」「わかるわ」と

言われて涙が止まりませんでした。

 

親は「大変なのは当然でしょ。」と

悩みを言っても聞いてもらえなかった。

身近な人ほど厳しい現実(笑と悲)

 

だから

まず「あなた自身を認めて

もらう経験が必要」です。

 

親でなくていいんです。

一人でも「あなたは

あなたでいいんだよ」と認めてもらえると

止まっていた時間が動き出します。

 

通常のカウンセリングでは

自分の名前や家族の関係を

まず全部カウンセラーさんに

話すことになります。

緊張します(笑)

 

私のセッションでは

友達とお茶をしている感覚で

あなたの今のお悩みを自由に話してもらいます。

そこから、思考の癖などを一緒に探っていきます。

 

気持ちの負担の少ないセッションですが、

リラックスすることで

潜在意識にアクセスでき、

気づきが多いものとなります。

 

セッションを受けていただいたお客様の声 → コチラ