peace-of-mindイライラを抑える, 自己肯定感アップ
イライラを抑える, 自己肯定感アップ

子供と上手くいかないママの特徴

イライラを抑える, 自己肯定感アップ

 

「うちの子ほんと、困っちゃうのよ〜」
「〇〇ができなくて〜」なんて思ってませんか。
もちろん自分の子供に心配は付きもの。

しかし過剰に心配、
子供に問題があると思うママにはある特徴があります。

1、バリキャリママタイプ

 

バリバリのキャリアウーマン。
完璧主義。
これくらい子供ができて当然という思いがある。
だって自分はできるから。

実際子供が出来ること
親の理想のギャップが大きい。

2、自分が達成できなかった夢を子供に託すタイプ

 

「子供にここまで活躍してほしい。」

それは誰もが思うことかもしれないですね。

 

ただ子供が「出来ない」と弱音を言った時。

このタイプのママは
自分の夢を達成させたいため、
(表面上ではあなたのためです)

結果が出るまで、励ましたりして過剰に頑張らせてしまいます。

 

3、自分の母親のようになりたくないと思うタイプ

 

「自分の親は働いていて寂しかったから働かない。」
「だらしない親が嫌いだったから」
「自分はきちんとやりたい、というか、やるべき」と考えてしまう。

 

このタイプは親に不満があるといえます。
「〇〇してもらえなかった」と想いがあるので

そうならないように
頑張ってしまいます。

「私が味わったように寂しい思いはさせたくない」
「愛情たっぷりにしてあげたい」

 

なので、疲れていても自分の限界を超えて過剰に
頑張ってしまうので疲れてしまいます。

 

4、HSP(非常に敏感)タイプ

 

HSPは音、匂い、光、味覚など五感やそれ以上のものに敏感な人。
日本人の2割はいると言われます。

すると、子供の不安や怒りがダイレクトに伝わってきます。

子供が心配事を言うと

その気持ちが乗り移っちゃうというイメージです。
一緒になって心配しちゃう。

子供はますます
あなたの心配にあおられて心配になる。

嫌なこと言われたから腹がたつのではなくて、
怒っている子を見ると怒りがうつる感じです。

 

HSPのおすすめの本

HSPのチェックリストがありますよ。

私は読んでみて自分は「これだ!」と思いました。

 

子供に問題がないと思っているママの特徴は

 

元気に生まれて「生きているだけでOK」と思っている。

だから、
「〇〇できなくてもいいじゃん。子供だしね」

「失敗して学んでいるのよね」と

思っている「おおらかママ」です。

 

子供に期待値が低いんですね。

私の場合

 

子供に問題があるというママは少なからず、
「自分の子供に対する期待値」と
「子供の現状のギャップ」が大きいと感じている状態です。

 

実は私は全てが当てはまる親でした(^^:)
(バリキャリではないですが、完璧を求めてしまうタイプ)

その結果、子供とも上手くいかず、
仕事もストレスから目が一部視野の欠損。

糖尿病寸前でした。

そして、
子供が自らの学ぶチャンス」を失わせていました。

そのチャンスとは「失敗する」という経験です。

 

子供は何かする前に
「ママはどう思うかな」と
私の様子を伺う子になっていました。

 

失敗を怖がりチャレンジができない、
私の指示がないと何も出来ない、
自信がないとなっていました。

しっかりした子を育てたいと思って
頑張っていたはずの私の努力とは
逆のベクトルになってしまいます。

 

でも、今は自分スタイルを見つけ、
子供達はのびのびとしています。

 

仕事と育児とで最高な日々を過ごしています。

 

まとめ

 

子供と上手くいかないと思っているママに
一番大事なのは

子供を注意することではなく

その時の自分の感情を注意深く

観察して「自分を知る」ということ。

 

「どうして、こんなにイライラするの?」

「どうして、完璧を求めてしまうの?」

「どうして、人に頼ってはいけない、
迷惑をかけてはいけないと思うの?」

 

自分を見つめると、
子供との関係が変わります(^^)

 

Category : イライラを抑える, 自己肯定感アップ

コメントを残す





CAPTCHA


ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。