diaryBlog, 夫婦関係
Blog, 夫婦関係

夫が家事育児をもっと手伝ってくれる方法

Blog, 夫婦関係

 

「子供が泣いていても、
夫はテレビを見ていて、気にしてくれない 😡 」

「もう出かける時間!バッタバタ!
なのに子供の準備全然手伝ってくれない」

「家事、育児だって立派な仕事なのに
感謝してもらえない(泣)(怒)」

 

そんなお困りのあなたに

今日は「夫があなたに感謝をしてくれ、

手伝ってくれる方法」を

 

お伝えします。

 

「手伝ってくれないと」嘆く前に考えること

 

あなたはご主人のお給料日に

「いつもお疲れ様 😀 会社って意見も合わない人も

いるし大変よね。あなたのおかげで生活できてるわ」

などと、感謝の気持ちを伝えていますか?

 

こう尋ねると、多くの方が

「う〜ん、言ってないですね〜‥」

と言われます。

 

そう思われるあなたは

「夫は、お給料を持ってきて当たり前」と

感じているかもしれません。

 

それはどこかで、

男性は家庭の大黒柱であり

「経済面で支えるのは夫であるのは当たり前」

という思いかもしれません。

 

(日本全体がまだそのシステムですから
仕方なのですが。男性が育児休業を
取ったのは現状では5.14%
厚生労働省「平成29年度雇用均等基本調査」)

 

それは、ある意味

男性が「料理を作るのは妻」という思い込み

と同じなのかもしれません。

 

中には

「少なっ!こんなんでやってけない!

ダメな夫」と言ってませんか?

 

その言葉は

「そんな料理しかできないのか!ダメ妻!」

と言われているのと同じです。

 

そう言われたら、あなたは

どんな気持ちになるでしょう?

 

それと、

お金がたくさんあればいいのか?

それも違います。

相談される方の中には

ご主人のお給料はいいです。

しかし、感謝をされないことは

とても辛いです。と話される方もいます。

 

男性が「家事」「育児」を手伝ってくれる具体的な方法

 

「ご主人に対し、

日々の「当たり前」への

感謝を口にして伝えましょう 🙂

すると、あなたにもかえってきますよ」

 

「例えば、いつも働いてくれてありがとう 🙂 」

と言っていると

「いや、こちらこそ育児、家事ありがとう」

と夫婦間で優しさの連鎖が起こりますよ。」

 

というと、

「それは解かるんですが、

夫はこれもしてくれない、あれもしてくれない

私はいつも感謝されてないのに、

夫に感謝できません 😡 」

という方がいます。

 

その方は

感謝を言ったら「負け、損」の

気持ちが働いているんです。

 

同時に

「私のことを認めて欲しい! 🙁 」

という強い欲求があるのかもしれません。

 

だから

「先に相手が認めてくれるまで、

認めたくない! 😡 」

と思ってしまう。

 

でも、

感謝の気持ちを先にたくさん伝えるのは

「勝ち負け」ではありません 🙂

 

小さなことを感謝できると

自分が気持ちいいんですね。

 

そんなママの姿を

お子さんは側でよく見ています。

 

「してくれたら、ありがとうでしょ!」

と言わずとも

 

「ママ(お母さん)いつも

お料理作ってくれてありがとね」と自然と、

言えるお子さんになるのでは

ないでしょうか 🙂

 

そして、

「俺が子供を見てるから、出かけてきたら?」

と声をかけてくれたり、

「お皿を洗ってくれた」など

少しでもご主人が手伝ってくれた時は、

「あなたのおかげでとても助かるわ」

と、大げさに感謝を伝えましょう! 🙂 

 

間違っても

「お皿の洗い方ザツ!」

「洗濯干し方がくしゃくしゃ」

はやめましょうね!(笑)

 

その言い方の中には、

お皿は綺麗に洗って、
この指定の場所に置くのが当たり前。

洗濯は伸ばして干すのが当たり前。

というあなたが正しいと思う

家事の信念があります。

 

そのあなたの信念に反することを

されるからイラッとします(笑)

 

でもね、

「やってくれたこと自体にありがたい」

と思うと「助かったよ 😀 」と言えます!

 

ご主人も感謝されたら嬉しいです 😀

(きっとあなたもそうでしょう 😀 )

そうしたら、

また次やろうという気になるものです。

 

ダメ出しすると、家事育児に

自信が無くなって、ますますしたくなくなります。

 

 

あなたの「当たり前」を考える

 

あながご主人に対して「当たり前」と

思っていることはなんでしょう?

 

● 家族のために、
働いてお給料を入れる

● 車の運転

● 休日どこかへ出かけること

● 力仕事

● 子供と体を動かすこと

 

これらの

ご主人に期待する「当たり前」

のことに目を向けて

「あなたのおかげで助かってる」と伝える。

 

すると

先ほど言ったように

不思議なことに

「こちらこそ、いつもありがとな」と

言ってくれるようになり、

夫婦の間に、

言い合い、怒りの負の連鎖ではなく

「優しさの連鎖」が始まり、

お互い日常の当たり前に感謝できる関係ができます。

 

「うちの夫は絶対ムリムリ〜」と思う方へ

 

「それは理想です。でもうちの夫は
そんなタイプではない」

「絶対ムリ〜」

と言われる方がいますが、

まずはやってみましょう。

 

「無理」は想像上ですから

初めてみないことには、何も変わりません 🙂

まずはやってみることが大事 😀

 

まとめ

 

ご主人にもっと家事や育児を手伝って

欲しいと思ったら、あなたから

「日々の感謝を言葉や態度に表して伝えていく」

 

そして、

少しでも、家事や育児をしてくれた時には

「嬉しい」

「助かる」

「あなたって最高!!」

「あなたと結婚してよかった〜!!」

など

大げさに感謝を伝えていきましょう(^^)/

Category : Blog, 夫婦関係
ブログ一覧へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。